読書

「我慢は美徳じゃない」18歳の俺が、おふくろに放った一言。リセット 垣谷美雨 双葉文庫の小説中に!

読書
「我慢は美徳じゃない」リセット 垣谷美雨 双葉文庫

生前、おふくろが「我慢は美徳じゃない」って、この子(俺のこと)が言ったの。「それで私は離婚を決めたんだ」と何度か妻に話すことがあった。俺自身そんな事を言った覚えはないのだけど、まあ生意気言ってたんだね。

そして今回、垣谷美雨のリセットを読んでビックリ。主人公が母親に俺と同じセリフを口にしているの。著者の年齢と自分の年齢が近く、また親同士の年齢も近いからだろう言う事が似るのかな。著者や俺の親世代って離婚にすごく罪悪感を持ち、また世間体とかも気にしている世代だったから。

書店で平積みしてたので購入。内容は、主人公を含む女性3人が高校生時代にタイムスリップする人生回復小説。

この数年、垣谷美雨の小説が好きでかなりの作品を購読。この人の作品は、池井戸潤の作品パターンと同じで、主人公がこれでもかというほどにコテンパンにやっつけられるが、最後は必ず、野球に例えると9回裏ツーアウトからの逆転サヨナラ満塁ホームランで終わるハッピーエンドなストーリーが多いな。俺の好きなパターン。是非読んでみて。

261ページ14行目
リセット 垣谷美雨 双葉文庫

コメント